サイトメニュー

施術を受ける時の対応

注射

治療で顔が小さくなる理由

クリニックを利用してボトックスの施術を受ける時は、どのような形で行われるのか確認が必要です。施術はそれほど難しいものではありませんが、対策をしておかないと問題が起こる場合もあります。ボトックスで小顔にする時は注射を顔にするので、ある程度痛みを感じる点は注意しなければいけません。注射が苦手ならば事前に麻酔などを頼み、負担がかからない形にしておくと上手く行きます。施術は数十分程度で終わるので難しくはなく、医師が確認して問題がなければ家に帰れます。すぐには効果を得られない治療法ですけど、一週間ほどたった頃には小顔になるので困りません。家に帰った後はお風呂に入ると問題が起こりやすいので、シャワーのみにする必要があります。激しい運動も問題を起こしやすいため、安静にしてできるだけ楽に過ごすべきです。注射をした患部は刺激に弱くなっているため、下手に触ると副作用が発生するので注意がいります。数日程度問題がなければ施術は成功ですが、違和感を覚えた場合はすぐに医師に調べてもらうべきです。ボトックスの施術を行う当日は特に難しい準備はなく、注射をするだけなのですぐに終わります。施術を受けた後は体に負担をかけると問題になるため、安静にしなければいけません。小顔整形の一つのボトックスは顔を小さくできる方法ですが、筋肉に影響を与えて対応する治療法です。顔の筋肉は発達すると大きくなってしまい、特にエラの部分が目立つと美容の問題になります。エラの部分が大きくなった時は、ボトックスの注射をすると小さい形に変えられます。注射に含まれている成分が筋肉を柔らかくし、本来の状態に戻してくれるので小顔にするのも難しくありません。筋肉は同じ動作を繰り返していると固くなって、何年もたつと硬直して殆ど変わらなくなります。顔にできるシワもこのような形で発生しますが、エラの部分が固くなると顔が大きく見えてしまいます。ボトックス注射をすると筋肉に指示を出している神経が麻痺して、その影響で筋肉の力が弱まります。弱くなると硬直している所が改善して、スッキリした顔の形に変えられます。注射に含まれているのは細菌の毒ですが、十分に薄められているので害は少ないです。体質に合わない方だと稀に副作用が起こりますけど、殆の方には問題がなく安心して利用できます。施術を受けると細菌の毒が浸透して、数ヶ月程度は筋肉が柔らかい状態になります。その後はまた元の状態に戻ってくるので、必要ならばまた注射をすれば小顔の状態を維持できます。