サイトメニュー

大顔を改善するために

医者

簡単かつ安全に治す方法

ボトックスで小顔整形する方法は、メスを使わず注射だけで施術するので大きな傷跡は残りません。傷跡が残らないということは、施術後のダウンタイムの症状が軽くてすむというメリットも生まれます。おかげでボトックスで小顔整形した後はすぐに帰宅できるうえ、メイクや洗顔も当日からすぐに行うことも可能です。また負担が少なくてすむのは、肉体的な物だけではありません。金銭的にも安いため、比較的低予算で整形をすることもできる点もメリットです。他の顔の大きさを改善する美容整形の多くが20万円から100万円ほどするのに対して、ボトックスならせいぜい一回につき5万円から10万円程度の出費ですみます。これほど安い小顔矯正は、ボトックスをはじめとした一部のプチ整形くらいしかありません。しかも施術中の痛みがかなり小さいので、その点が心配な方でも問題なく受けられます。さらにどうしても無痛で施術を受けたい方のために、注射を使わない表面麻酔も用意されているので安心です。なお小顔整形の場合、何度か施術しているうちに効果が3割から4割ほど定着していきます。このおかげで、顔の小ささをキープできるようになり再度施術しなくてもすむようになる方も少なくありません。とはいえボトックスは、誰でも同じような効果を出せる小顔整形ではないのでその点は気を付けましょう。基本的にこのプチ整形は、顔に多く筋肉がついている方に向いています。これ以外の脂肪やたるみといった物や、骨格が大きいことからくる大顔には効果があまりでないのでそのつもりで受けるべきです。ただ筋肉がついているかどうかの判断を自分自身で確認するのは、素人にはちょっと難しいかもしれません。そこで顔の筋肉量を確認する簡単なセルフチェックを教えますので、それで適性があるかというのを確認してみてください。まず鏡を見ながら、奥歯を力いっぱい噛みしめてみましょう。この時顔のエラ部分が張り出すような状態になるようなら、ボトックスの小顔整形で効果が出るタイプといえます。逆に歯を食いしばってもエラ部分にほとんど変化がみられない場合は、他の部分が原因の大顔ということになるためこの施術方法を試してもあまり効果は出ないはずです。これはあくまでもセルフチェックなので、実際にクリニックで診断してもらえばまた違った結果が出る可能性もあります。専門家の診断なら、見た目だけでなく解剖学の分野からもっと詳しく確認するのでさらに正確に適性をみてもらえるでしょう。そのためにも、一度クリニックで適正なカウンセリングを受けてみることをおすすめします。